教育学域

教員紹介

京免徹雄

京免徹雄

きょうめん てつお
Tetsuo Kyomen
職位 助教
専門研究領域 特別活動・生徒指導
取得学位 博士(教育学)
E-mail education-kyomen [_] human.tsukuba.ac.jp
冒頭の「education-」を削除し、[_] を半角アットマークに置換してお使いください。
学生への一言 教育(学)には、不易と流行があります。両者を見極め、 最新の情報を常にキャッチしながらも、それに踊らされることなく、 自分の頭で本質を追究してみてください。

研究分野 

特別活動の国際化
特別活動・キャリア教育・生徒指導の日仏比較
シティズンシップ教育としてのキャリア教育

>>特別活動学研究室のページ

研究テーマの概要

特別活動(教科外活動)の国際比較を通して、日本型教育モデルTOKKATSUの特質について研究を進めています。特に、どのようなメカニズムで個と集団を調和させ、集団活動を通して個人の社会情動的スキルを育成できるかに注目しています。
また、社会正義に貢献するキャリア教育の在り方について、特別活動を通した「他者とともにあゆむキャリア」を中心に研究しています。

主要著書・論文

著書

『特別活動』ミネルヴァ書房(共編著)
『フランスの学校教育におけるキャリア教育の成立と展開』風間書房、2015年(単著)。

論文

「アメリカ人研究者からみた日本の特別活動の特質―日本型教育モデルの発信を視野に入れて―」『日本特別活動学会紀要』29号、41-50頁、2021年。
「国際的視野からみた中学校「学級活動」の特色―フランスの「学級生活の時間」との比較を通して―」『日本特別活動学会紀要』第27号、29-38頁、2019年。
Élaboration d’un modèle de comparaison internationale des systèmes d’orientation dans l’enseignement scolaire―avec l’exploitation des résultats de recherches comparatives franco-japonaises ―, Questions d’orientation, pp.33-45, 2018.
「フランスのキャリア教育におけるeポートフォリオ活用の現状と課題―教職員へのインタビュー調査に基づいて―」『キャリア教育研究』36巻1号、13-23頁、2017年。
「普通教育における「労働・職業」の位置づけの変容―フランスにおける進路指導の展開過程を事例として―」『教育学研究』第83巻2号、194-206頁、2016年。
「フランスにおける生徒の職業的発達に向けたコンピテンシーの育成―科目「職業発見」のカリキュラムと実践原理の考察を中心に―」『比較教育学研究』第37号、155-175頁、2008年。

所属学会、その他の研究活動

日本特別活動学会(理事・常任紀要編集委員)、日本キャリア教育学会(理事・常任紀要編集委員)、日仏教育学会(学会誌編集委員)、日本職業教育学会(理事)、日本比較教育学会、日本カリキュラム学会、日本教育学会、フランス教育学会、関東教育学会

2010年 日本産業教育学会 桐原賞(奨励賞)受賞
2016年 日本産業教育学会 細谷賞(学会賞)受賞
2018年 日本進路指導協会 会長感謝状 受賞
2019年 日本キャリア教育学会 研究奨励賞

担当授業

人間学群教育学類:特別活動論、特別活動論演習
人間総合科学研究科(博士前期課程)教育学学位プログラム:特別活動学特講、特別活動学演習
全学教職課程:特別活動の理論と実践、生徒指導

このページに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用ください。
なお、カリキュラムや入試等に関する頻出質問については、「よくある質問」ページに回答例を示しております。こちらのページもご参照ください。