特別活動学

京免 徹雄 KYOMEN Tetsuo

専門研究領域の沿革と概要

 特別活動学研究室が発足したのは、2019(平成31)年4月のことです。まだ歴史の浅い、別の見方をすれば、これからの可能性を秘めた研究分野といえます。

 研究対象は学校における「教科以外の活動」であり、特に特別活動(学級活動・ホームルーム活動、児童会活動・生徒会活動、学校行事、クラブ活動)、部活動等の課外活動、キャリア教育などが中心です。教師ではなく児童生徒を中心に展開される活動の在り方を考察することで、教育における個と集団の関係、子ども自治と民主主義の関係、日常(教科など)と非日常(学校行事など)の関係などを明らかにしていきます。

所属院生とテーマ

院生氏名

研究テーマ

キンイキ(博士前期課程2年)

中国の高等学校におけるキャリア・ガイダンスに関する研究

武田 勲(博士前期課程2年)

フランスのキャリア・カウンセラーの専門性に関する比較研究

相庭貴行(博士前期課程1年)

生徒会活動における自治の可能性について

小田純也(博士前期課程1年)

非認知能力形成とマイノリティ包摂の関係


研究室活動の特色

 重要な研究課題として、特別活動の特徴である子どもの自治的な集団活動(生活づくり)をどのようにして1人1人のキャリア形成につなげていくのか、その際に教師はどのような役割を果たす必要があるのか、ということがあります。

 特に近年は、特別活動が社会情動的(非認知的)スキルの発達に有効であるとして、海外から注目されており、日本型教育モデルTokkatsuがエジプトなどに輸出されています。しかし、特別活動の国際的特質はどのようなもので、それがいかなるメカニズムで子どもの資質・能力を伸ばすことができるかについては、まだ分かっていないことも少なくありません。特別活動研究室では、これらの解明に努めることで、子どものWell-beingと社会のWell-beingを調和的に実現することを目指します。

活動のようす

 

このページに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用ください。
なお、カリキュラムや入試等に関する頻出質問については、「よくある質問」ページに回答例を示しております。こちらのページもご参照ください。